普及指導委員会

バッジテスト報告書を作成提出したい« 普及指導委員会トップ


報告書作成について

バッジテストを実施しましたら、3週間以内に報告書を作成送付下さい。
年度が終了してからのまとめ送付はお断りします。
今年度から、国体参加資格との整合もとる予定です。

報告書内容

1.実施報告書 フォームの入手は →こちら (xlsx)
指定されたExcelフォームに、手書きではなく、直接入力下さい。
名称は「「県番号(例:05)_県名(例:秋田)_検定実施日(例:20190801)」
と記載してください。タブにある以下の3点を記入して下さい。
➀ 報告書
➁ 検定結果一覧表
➂ 実施総括表

2.振込証明書
振込手続をした際の明細をスキャン(スマホ写真可)して、同送下さい。
名称は「「県番号(例:05)_県名(例:秋田)_検定実施日(例:20190801) 」と記載してください。

  • 送付方法
    下記アドレスまでExcelのまま(PDF化せず)、
    添付して送付ください。
    badge_test@jsaf.or.jp

バッジカードの送付

バッジテストの資格認定カードは、JSAFにて管理しています。
入手が必要な場合は、送付宛先と枚数(50枚以下)を記載したメールを下記宛に送付ください。
badge_test@jsaf.or.jp

メンバー管理システムへの登録

適切な実施報告書をお送り頂いたものについては、バッジテスト認定番号と取得級を、JSAF会員登録システムに順次入力します。
バッジテスト取得者は、認定証と共に、自分のマイページからもバッジテストの認定番号を確認することができるようになります。

バッジテスト実施について

当該年度バッジテスト開催日程は、毎年4月までにご連絡ください。
連絡を頂く日程記載フォームは →ここから
試験問題や、実技検定内容などの実施資料の問い合わせ、日程送付は、下記アドレスにお願いします。
badge_test@jsaf.or.jp

  • 普及指導委員会

    普及指導委員会は、普及委員会と指導者委員会が2014年に合併してできた委員会です。2019年に制定されたJSAF指導者育成体系に基づき、JSAFの加盟団体/特別加盟団体に所属するジュニアからトップアスリートまでを支える指導者を育成するとともに、新たにセーリングスポーツに関わったり、興味を持ったりする方々のきっかけづくりの普及サポートをします。また、委員会メンバーも募集しています。ご興味のある方は →こちら

    委員長
    川北 達也


    委員
    副委員長:坂口英章、関口功志
    委員:加藤恵、霜山厚、中尾和嘉、服部裕太、山田寛、岩崎泰平、田淵薫、榮樂洋光、
    平野貴也、大垣俊朗
    アドバイザー:柳敏晴

  • CONTENTS

    » 指導者資格を取得(格上げ)したい

    JSAF指導者育成体系に基づくJSPO公認指導者資格

    » 指導者資格の更新準備をしたい

    4年に1回の更新手続きの半年前迄に更新講習が必至

    » 指導者資格の復活申請をしたい

    更新忘れや更新講習未受講者のために

    » バッジテスト検定員になりたい

    バッジテストの検定者の認定資格

    » 安全を確保する情報が欲しい

    過去の事故事例やリスク評価方法など

    » 指導教材を入手したい

    新しい指導方法法やポイント

    » 指導者コミュニティに入りたい

    全国の指導者が情報交換でき、役立つ情報や教材を提供

    » バッジテストを取得したい

    初級中級上級の概要、検定開催場所などを案内

    » セーリングテキストを入手したい

    Start Sailingからレベルアップまで画像映像を含めた教本

    » バッジテスト報告書を作成したい

    バッジテストの登録、報告手続き方法やフォーム

    » JSPO指導者表彰に推薦したい

    年に1度のJSPO指導者表彰制度

    » 普及イベントを実施したい

    各地で普及イベント開催の際のヒントを提供

    » 国際人キャリアを積みたい

    » World Sailingのコーチングを直接学びたい

  • 2014年6月以前のお知らせ

  • 月別アーカイブ