普及指導委員会

JSPO指導者表彰に推薦したい(加盟団体から)« 普及指導委員会トップ


趣旨

永年にわたりスポーツ指導者として、スポーツの指導育成及び組織化、競技力の向上、公認スポーツ指導者制度の発展その他国民スポーツの振興に貢献した者のうち、特に顕著な功績があったものを表彰し、その功に報いるとともに、将来のスポーツ界を担う若手指導者の省令を通じて、今後における公認スポーツ指導者制度の一層の発展に資する者を表彰する。

表彰規準と対象者

公認スポーツ指導者の資格を有して以下の条件を持つもの

  1. ①永年表彰
    通算15年以上
  2. ②優秀選手育成賞
    前年度に開催されたオリンピック、アジア大会、これに準じる国際大会にて優秀な成績を上げた選手を指導した者
  3. ③若手指導者奨励賞
    受賞年度に満30歳以下でJSAFにて中心的役割が期待される指導者
  4. ④退任感謝状*
    おおむね15年にわたり、スポーツ指導育成に貢献し、退任した指導者
  5. ⑤特別功労表彰
    公認スポーツ指導者制度の確立及び発展に貢献した者、並びに特に模範となる航跡を上げた指導者

推薦枠と推薦方法

各団体が推薦書類を作成し、JSAFに納期までに提出する。JSAFは、各団体から推薦を受けたものの内容を確認し、JSAFとして推薦に値すると判断したものの推薦を行う。但し、永年表彰については年度内最大3名とする。
推薦書提出締切は各団体宛にメールにて案内します。(例年の締切は7月です)
送付先は、sailing_coach@jsaf.or.jp

JSPO指導者表彰要綱 (PDF)
候補者推薦にあたっての留意事項 (PDF)
候補者名簿作成に伴う注意事項 (PDF)

推薦に必要な帳票フォーム
①永年表彰 用 (xlsx)
②優秀選手育成賞 用 (xlsx)
③若手指導者奨励賞 用 (xlsx)

 

表彰式について

毎年、12月の第1土曜日に東京で開催される「公認スポーツ指導者全国研修会」の場にて、表彰が行われる。

  • 普及指導委員会

    普及指導委員会は、普及委員会と指導者委員会が2014年に合併してできた委員会です。2019年に制定されたJSAF指導者育成体系に基づき、JSAFの加盟団体/特別加盟団体に所属するジュニアからトップアスリートまでを支える指導者を育成するとともに、新たにセーリングスポーツに関わったり、興味を持ったりする方々のきっかけづくりの普及サポートをします。また、委員会メンバーも募集しています。ご興味のある方は →こちら

    委員長
    川北 達也


    委員
    副委員長:坂口英章、関口功志
    委員:加藤恵、霜山厚、中尾和嘉、服部裕太、山田寛、岩崎泰平、田淵薫、榮樂洋光、
    平野貴也、大垣俊朗
    アドバイザー:柳敏晴

  • CONTENTS

    » 指導者資格を取得(格上げ)したい

    JSAF指導者育成体系に基づくJSPO公認指導者資格

    » 指導者資格の更新準備をしたい

    4年に1回の更新手続きの半年前迄に更新講習が必至

    » 指導者資格の復活申請をしたい

    更新忘れや更新講習未受講者のために

    » バッジテスト検定員になりたい

    バッジテストの検定者の認定資格

    » 安全を確保する情報が欲しい

    過去の事故事例やリスク評価方法など

    » 指導教材を入手したい

    新しい指導方法法やポイント

    » 指導者コミュニティに入りたい

    全国の指導者が情報交換でき、役立つ情報や教材を提供

    » バッジテストを取得したい

    初級中級上級の概要、検定開催場所などを案内

    » セーリングテキストを入手したい

    Start Sailingからレベルアップまで画像映像を含めた教本

    » バッジテスト報告書を作成したい

    バッジテストの登録、報告手続き方法やフォーム

    » JSPO指導者表彰に推薦したい

    年に1度のJSPO指導者表彰制度

    » 普及イベントを実施したい

    各地で普及イベント開催の際のヒントを提供

    » 国際人キャリアを積みたい

    » World Sailingのコーチングを直接学びたい

  • 2014年6月以前のお知らせ

  • 月別アーカイブ