About US
JSAF とは

JSAFは、日本のヨットレースを統括するナショナルオーソリティーです。

自然をフィールドに活動するヨットレースやセーリングスポーツを楽しむには、安全に関する知識や経験が必要不可欠です。1人ひとりの経験によってこれらの知見を獲得するのがセーリングスポーツですが、仲間とともに遊んで、学び、体験し、先達の教えを継承し、新たな情報を共有できれば、さらに効果的に安全に海のスポーツを楽しめます。JSAFはこのようにセーリングスポーツを楽しむ人々の組織なのです。

近代のヨットレースには世界的に統一された規則があります。世界中、どこの水域でも公平にレースを楽しめるように、規則は、オリンピックの翌年に4年ごとに改正されています。このルールはレーシングルールオブセーリング(RRS)と呼ばれ、国際セーリング連盟(World Sailing)が管理し、世界の各国セーリング連盟とともに運用しています。

日本セーリング連盟(JSAF)はWorld Sailingに加盟し、日本のヨットレースやセーリングスポーツを代表する機関として、世界中の国別セーリング連盟とともに活動しています。日本におけるRRSの運用・管理を行うほか、安全に関する調査や研究、ヨットレースの主催・後援・協力、指導員・審判員や計測員の資格認定、艇の登録、ならびに関連する国内及び国際法律機関との折衝、セーリングスポーツの普及など、セーリングに関するすべての活動を推進する組織です。

日本セーリング連盟は会員1人ひとりの活動によって支えられています。会員の会費よって財政基盤が築かれ、日本におけるセーリング環境が整えられます。セーリングスポーツがさらに発展するためにも、多くのヨットを楽しむ人々に仲間になっていただき、ともに活動していきたいと考えています。

  • 名称
    公益財団法人 日本セーリング連盟/ Japan Sailing Federation
  • 所在地
    〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
  • Address
    Dr.Kishi memorial hall, 1-1-1, Jinnan, Shibuya-ku,Tokyo, 150-8050, JAPAN
  • TEL
    (03) 3481-2357 / +81 (3) 3481-2357
  • FAX
    (03) 3481-0414 / +81 (3) 3481-0414
  • 設立
    1999年


平成30年度 JSAF 実行計画と基本方針

【基本方針】

セーリングは、他のスポーツとは違い、自然、技術、ルールを駆使し総合人間力を発揮するスポーツである。 - SPORT
- NATURE
- TECHNOLOGY
( World Sailing )
セーリングのより一層の普及・振興・発展のために、テストイベント及びワールドカップ・シリ-ズなど東京2020オリンピック・パラリンピックに向けての活動をさらに推進する。また、スポーツとしてセーリングを行っている各セーラーの活動、スキルを向上させるとともに、セーリング界の裾野を広げ、安全で快適なスポーツおよびレジャーとして、セーリングを発展させる。セーリング愛好家やセーリング界の外の方々に広くセーリング及びJSAFについて普及啓発するとともに、セーリング及びJSAFを応援していただく個人・企業・団体を募る。
東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けて、メダル獲得に向けた選手強化と、オリンピック・レース運営担当者の人材確保と育成を図る。
World Sailingの『持続可能性アジェンダ2030』にタイアップした日本のセーリングでの持続可能性活動を検討する。

【平成30年度 実行計画】

1. セーリング・スポーツの発展振興と安全確保

(1) 次世代セーラーへの幅広い、活動支援
東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、ユース世代、次世代セーラーの育成および支援を推進させる。

(2) オリンピックテストイベント、ワールドカップシリーズ、国際大会
オリンピックテストイベント、ワールドカップシリーズ江の島、2019年レーザーワールドなど日本で開催される国際大会、世界選手権大会の準備を進め、成功に導く。

(3) 外洋レース、大型艇レースの活性化
沖縄東海レース、パールレース、ジャパンカップなど国内の外洋レース、大型艇レースの一層の活性化を図る。

(4) 障がい者セーリングの普及、推進
2020年PARAワールド・チャンピョンシップに向けての準備、2018年ハンザクラス・ワールドの成功を目指すとともに、普及・強化拠点を選定して障がい者セーリングの発展・振興を図る。
2024年パラリンピックの競技決定を行う2019年に向けて、パラリンピックにセーリングを復活させる活動を進める。

(5) 国体・リハーサル大会
国民体育大会福井国体セーリング競技会、茨城国体リハーサル大会準備を開催する。

(6) セーフティーセーリング
桜マーク付ライフジャケット着用義務化に伴うセーラーのライフジャケットの着用推進を進めるとともに、レース運営艇、コーチボート等関係船舶の安全管理の徹底を図る。

(7) アンチドーピング活動の推進
スポーツマンシップの原則を踏まえて、アンチドーピング活動を推進する。

2. 広く普及啓発し、セーリング界の裾野を広げる

(1) 会員増強
JSAFの会員増強に向けて、特に非会員であるセーリング愛好家とSNSその他の方法での対話を通じた啓もう活動を通して、会員の増強につなげる。

(2) ジャパンインターナショナルボートショーでの委員会横断的啓発活動
「さぁ 始めよう!セーリングを!」「キッズからセーリングを!」を合言葉にジャパンインターナショナルボートショー2018で進める新しい方法での集客、興味の喚起、体験する場面の提供、体験乗船やスクール紹介などのフォローまでの一連の活動を原動力として、委員会横断的にセーリングの普及啓発を図る。
ジャパンインターナショナルボートショー2019でもセーリング連盟をあげて更なるセーリングの普及啓発を図る。

(3) フラッグリレー
東京2020参画プログラム事業である「日本一周フラッグリレー」を通して、セーラーによる全国的なオリンピックムーブメントを展開する。

(4) サポート企業・団体・会員の開拓
オリンピック強化、東京2020オリンピック・パラリンピック、障がい者セーリング、環境事業に向けたセーリングのサポート企業・団体を開拓、獲得する。

(6) セーリングのファンの開拓
セーリングのファンを開拓するために、セーリング環境に近いローカル・メディアやマリーナ等との協業、メディア等への露出機会の増加などを行うほか、ボートショー始め様々な機会にセーリングのPRを行う。
セーリングに興味を持った方々への定期的な情報提供とフォローする仕組みを研究する。

3. セーリング界を支える連盟組織の強化

(1) 公益財団法人としてのガバナンスの強化、コンプライアンスの確保
ガバナンスの強化、財政基盤を強化、理事会・評議員会の活性化とコンプライアンス確保する。
理事、監事の役員改選をスムーズに行い、新体制での連盟運営を滞りなく進める。
World Sailing、ASAF(アジア・セーリング連盟)役員ポストの有効な活用と次期改選期もポストを獲得する準備を進める。

(2) ジェンダー・イコールの推進
役員改選に合わせ、女性役員を増加するようにしていく。
女性セーラーや指導者・運営に携わる女性を増やしていくために、女性代表者との情報交換会や各水域とのネットワーク作りを進めて行く。

(3) 会員管理システムのサービス向上
会員管理システムの推進、電子会員証化を含めて、会員・加盟団体へのサービスのさらなる向上を図る。

(4) 情報システムのセキュリティ対策
東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けたJSAFが管理する情報システム等(ホームページ、会員管理システム、加盟団体ホームページ)のサイバーセキュリティ上の脆弱性を検証し、必要な対策を講ずる。

(5) 新会館移転への準備
2019年新会館への移転を控え、JSAFの資料等(地下、委託倉庫も含む)の整理を促進させる。

(6) セーリングを支える委員会活動の活発化
セーリングの普及発展に関して、各委員会活動の活性化に取り組む。セーリングの競技推進に関して、ジャッジ、アンパイア、レース・オフィサー、メジャラーの資格者発掘を推進する。

全委員会の事業計画はこちら→平成30年度事業計画(PDF)