About Us/History
沿革

日本セーリング連盟と日本のヨットレースの歴史

公益財団法人日本セーリング連盟は、財団法人日本ヨット協会(JYA)と社団法人日本外洋帆走協会(NORC)が統合し、1999年4月1日に発足しました。(当時の正式名称は財団法人日本セーリング連盟です) 統合までの活動も含め、これまでの主な活動を年表にまとめました。

(財)日本ヨット協会(JYA) (社)日本外洋帆走(NORC)
1875 横浜で日本初のヨットレースが行われる。  
1886 横浜アマチュア・ローイングクラブ設立、その中に横浜セーリングクラブを設立。  
1932 ・日本モーターボート協会機関誌として『舵』創刊。
・日本ヨッチング協会の第1回ヨットレース開催。
・東西両日本ヨット協会の合意により、『日本ヨット協会』が発足。
 
1933 日本ヨット選手権と併せて第1回インターカレッジ・ヨットレース開催。優勝は吉本・鈴木組(同志社)。  
1935 3月、日本ヨット協会が国際ヨット競技連盟『IYRU』に加盟。  
1936 ベルリン・オリンピック・ヨット競技。日本は五輪に初参加。  
1946 『第1回国民体育大会が琵琶湖にて開催。併せて全日本インカレ』復活。  
1948   CCJ(クルージング・クラブ・オブジャパン)結成される。
1951   第1回花の大島レース、参加艇17隻で開催。
1953 ヘルシンキオリンピック大会。日本選手団(小沢吉太郎団長、フィン級 海徳敬次郎氏)派遣、27位。  
1954   CCJがNORC(ニッポン・オーシャン・レーシング・クラブ)に改組。登録艇数19隻で発足。
1955 第1回全日本実業団ヨット選手権大会開催(琵琶湖)  
1956   第1回神子元島レース開催。
1960 第1回全国高校選手権開催(宮城県七ヶ浜) 第1回鳥羽パールレース開催。
1962 第1回東京ボートショー開催。主催日本舟艇振興会 ・石原慎太郎氏の<コンテッサⅡ>が初の海外遠征。チャイナシーレースに参加。
・堀江謙一氏<マーメイド>で初のシングルハンド太平洋横断に成功。
・第7回初島レースで2隻が行方不明。クルー11人を失う。
1963   トランスパックレースに石原裕次郎氏の<コンテッサⅢ>が参加。
1964 ・JYAを財団法人日本ヨット協会として再設立。
・第18回東京オリンピック開催(江の島)。成績はフィン級21位、FD級15位、スター級13級、ドラゴン級17位、国際5・5級14位
NORCが社団法人日本外洋帆走協会に改組。
1967   第1回八丈島レースを開催。
1968 第10回スナイプ級西半球選手権(アメリカ・フロリダ州で二宮隆雄・川村秀男組が優勝。)  
1969   ・IOR(インターナショナル・オフシェア・ルール)が設定される。
・シドニーホバートレースに武田陽信氏の<バーゴ>が参加。
1970   ・ORC(オフショア・レーシング・カウンシル)が結成される。
・丹羽由昌氏の<チタⅢ>、第5回チャイナシーレースで総合優勝。
1971 フィン級トラベミュンデ国際レガッタ(西独トラベミュンデ)で、松山和興氏が優勝。  
1972   第1回沖縄東京レースを開催。
1973   ・ハーフトン世界選手権(デンマーク)に伊藤正氏の<サラブレッド>が参加。
・ORC、NORCを公認する。
1974   クォータートン世界選手権(スウェーデン)に三宅智久氏の<トレーサー>、丹羽由昌氏の<チタⅢ>が参加。
1975   NORC、ORC特別規定を導入する。
1976 モントリオールオリンピック開催。成績はフィン級21位、470級10位、FD級18位。 ・沖縄海洋博記念太平洋横断シングルハンドレースで戸塚宏氏が優勝。
・ヨット専用の無線海岸局三崎ヨットが開局。
1977   アドミラルズカップレースにナショナルチームが初参加。
1978 第30回バルチックレガッタ(旧ソビエト・タリン)で470級の小松一憲・箱守康之組が優勝。 クォータートン世界選手権を日本で開催。日本艇が優勝。
1979 470級世界選手権(オランダ・メデンブリック)で甲斐幸・小宮亮組が優勝。 第1回小笠原レースを開催。
1982   パンナムクリッパーカップで才田忠利氏の<飛梅>が総合優勝。
1983   ・BOCシングルハンド世界一周レースで多田雄幸氏がクラス優勝。
・大阪世界帆船まつりのメモリアルレガッタにクルーザー540隻が参加。
・第1回グアムレースを開催。
1984 ロサンゼルスオリンピック大会。成績は470級11位、FD級14位、ソリング級17位、ウィンドグライダー級16位。 小樽ナホトカレースを開催。
1985   世界初オールチタン製56フィートレーサー<摩利支天>進水。
1987 FJ級世界選手権(境港)で島津・長谷川組優勝。 メルボルン大阪ダブルハンドレース、W・トンプキンズ氏と大儀見薫氏の<波切大王>が優勝。
1988 ソウルオリンピック大会。成績はトーネード級21位、ソリング級11位、FD級20位、470級男子12位、470級女子18位、フィン級26位、DIV2級18位。  
1989 470級世界選手権と470級女子世界選手権開催(津)。堤智章・堤伸浩組が優勝。 オークランド福岡ヤマハカップが開催。
1990   ケンウッドカップで日本のナショナルチームが優勝。
1991   NORC、IMSを導入。
1992 ・ニッポンチャレンジ、アメリカ杯に初挑戦。予選で4位に。
・バルセロナオリンピックの470級女子で重由美子・木下アリーシア組が5位に初入賞。
ジャパングアムレースで2隻が遭難沈没、14人のクルーを失う。
1993   ジャパングアムレースで遭難した14人の中の3家族が損害賠償を求めて提訴。
1996 アトランタオリンピックの470級女子で重由美子・木下アリーシア組がヨット界初の銀メダル。  
1997   裁判は裁判長の職権和解が成立。
1998 JYAとNORC、組織統合に関する「基本合意書」を承認
1999 4月1日、JYAとNORCが統合され、財団法人日本セーリング連盟(JSAF)として発足
2000 シドニー・オリンピック 470 級女子が 8 位入賞
2002 アジア大会(プサン)で OP 級の金メダルをはじめ、3 種目で銀、4 種目で 銅メダル
2004 アテネ・オリンピック 470 級男子で関一人・轟賢二郎が銅メダル獲得 (男子初のメダル)
2005 愛・地球博記念国際セーリングシリーズ開催。6 つのレース、環境シンポジウム、子どもセーリングキャンプ、体験乗船を行う
2006 アジア大会(ドーハ)で女子 470 級が金、男女 420 級と女子 OP 級が銀、男子 470 級が銅メダル
2007 ISAFが創立 100周年、JSAFが創立 75周年を迎え、”Sail the World 2007” プロジェクトを推進 (130 イベント約 5,800 艇参加)
2008 北京・オリンピック 470 級男子が 7 位入賞
2009 ニューヨークヨットクラブ主催の第 1 回インビテーショナルカップにJSAF 代表チームが参加し、3 位となる
2010 ・沖縄-東海レース開催。沖縄をスタートする長距離レースが復活
・ アジア大会(広州)で男子 470 級、女子 470 級、マッチレースの 3 種目で金メダル
2011 ・東日本大震災が発生しセーリング界も多大な被害を受ける。「がんばれ 東日本!」などの被災セーラー支援プログラムを展開
・第 2 回 NYYC インビテーショナルカップで 6 位
2012 JSAF が財団法人から公益財団法人へ移行
2013 ・2020 東京オリンピック・パラリンピック開催決定
・第 3 回 NYYC インビテーショナルカップで 6 位