Medical Committee
医事・科学委員会

医事科学委員会は競技推進グループに属し、医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、トレーナー、臨床心理士など現在20名で構成されています。
委員会の主な業務は
・選手の健康管理、栄養管理、コンディショニング、外傷予防に対する指導、健康相談に対する対応
・競技力向上を目的としたメディカルサポート、トレーナーの派遣
・アンチドーピングに対する支援・講習などの啓蒙活動、ドーピング検査へのNAとしての参加
・競技会における救護体制の指導、助言、医師の派遣
・安全講習など各種講習会への講師の派遣
などがあります。

  • 医事・科学委員会

    医事科学委員会は競技推進グループに属し、医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、トレーナー、臨床心理士など現在20名で構成されています。


    委員長
    山川雅之
    ・整形外科・内科

    委員会メンバー
    栗原茂勝(委員長補佐:外科)、米山博巳(副委員長、歯科)、岩渕聡(脳神経外科)、中村仁也(アンチドーピング担当、歯科)、丸山晴久(ジュニア担当、整形外科、武谷久栄(スポーツファーマシスト、薬剤師)、武田哲子(管理栄養士)、高橋直人(トレーナー部会)