About US
JSAF とは

JSAFは、日本のヨットレースを統括するナショナルオーソリティーです。

自然をフィールドに活動するヨットレースやセーリングスポーツを楽しむには、安全に関する知識や経験が必要不可欠です。1人ひとりの経験によってこれらの知見を獲得するのがセーリングスポーツですが、仲間とともに遊んで、学び、体験し、先達の教えを継承し、新たな情報を共有できれば、さらに効果的に安全に海のスポーツを楽しめます。JSAFはこのようにセーリングスポーツを楽しむ人々の組織なのです。

近代のヨットレースには世界的に統一された規則があります。世界中、どこの水域でも公平にレースを楽しめるように、規則は、オリンピックの翌年に4年ごとに改正されています。このルールはレーシングルールオブセーリング(RRS)と呼ばれ、国際セーリング連盟(World Sailing)が管理し、世界の各国セーリング連盟とともに運用しています。

日本セーリング連盟(JSAF)はWorld Sailingに加盟し、日本のヨットレースやセーリングスポーツを代表する機関として、世界中の国別セーリング連盟とともに活動しています。日本におけるRRSの運用・管理を行うほか、安全に関する調査や研究、ヨットレースの主催・後援・協力、指導員・審判員や計測員の資格認定、艇の登録、ならびに関連する国内及び国際法律機関との折衝、セーリングスポーツの普及など、セーリングに関するすべての活動を推進する組織です。

日本セーリング連盟は会員1人ひとりの活動によって支えられています。会員の会費よって財政基盤が築かれ、日本におけるセーリング環境が整えられます。セーリングスポーツがさらに発展するためにも、多くのヨットを楽しむ人々に仲間になっていただき、ともに活動していきたいと考えています。

  • 名称
    公益財団法人 日本セーリング連盟/ Japan Sailing Federation
  • 所在地
    〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
  • Address
    Dr.Kishi memorial hall, 1-1-1, Jinnan, Shibuya-ku,Tokyo, 150-8050, JAPAN
  • TEL
    (03) 3481-2357 / +81 (3) 3481-2357
  • FAX
    (03) 3481-0414 / +81 (3) 3481-0414
  • 設立
    1999年


平成 26 年度 JSAF 実行計画と基本方針

1 全 般
セーリングスポーツは、ジュニアからシニアまで、またディンギー、ウインドサーフィ ンから大型艇まで、いっそうシームレスなスポーツになりつつあり、この動きを進めて いく。
ここ 6 年間基本としてきた普及・文化・勝利の3本柱を継承するとともに、それぞれの活動をさらに発展させるべく取り組んでいく。

2. 東京オリンピック・パラリンピック開催
昨年 9 月 7 日 IOC 総会で 2020 夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催が決定した。
JSAF としてオリンピック招致委員会からオリンピック準備委員会へと名称を変更、委員会メンバーを大幅に増強し、2020 年オリンピック・パラリンピックの成功に 向けた取り組みを行っていく。また、オリンピック強化委員会ではパース合宿の実施など 2016 年リオデジャネイロのオリンピックに向けた選手強化はもちろん、東京オリンピックを見据えたユース育成にも取り組んでいく。

3. ユース制式艇種選定
世界に羽ばたくユース世代育成のため制式艇種として、420 級とレーザー級を導入してきた。2015 年の和歌山国体および同年の和歌山インターハイで、制式艇種の採用が決定し、オリンピック強化委員会、国体委員会および高体連と協調しながら、スムースな実施を目指していく。

4. 大型艇レースの活性化
外洋関係者の努力が実を結び、ジャパンカップ、パールレース、ミドルボート選手権の他、新たに神戸-横浜レースも実施してきた。また、トランスパックへの参加やニューヨークヨットクラブ招待レースに参加し好成績をおさめた。ただ、残念なことに落水者などの事故があった。外洋常任・外洋計測・外洋安全の各委員が協力し、より一層安全に注意して大型艇レースの活性化を図る。

5. JSAF ホームページおよび会員システムのリニューアル
現在の JSAFのホームページや会員システムを立ち上げてから、おおよそ10 年になる。
急速な IT 関連機器の普及にあわせて、リニューアルを計画することになった。広報委員会および総務委員会が中心となり、今年 6 月をめどに新たホームページおよび会員システムを構築する。

6. その他
・セーリングの競技推進に関して、ルール・レース・ODC 計測及び国際の各委員会を中心にジャッジ・アンパイア・オフィサー・メジャラーの資格者発掘を行っていく。また東京オリンピック・パラリンピックに向けた国際的な人材育成も考慮していく。
・セーリングの普及発展に関して、指導者・レディース・ジュニアアカデミー・キールボート強化の各委員会活動を活性化していく。学生対抗マッチレースなど、シームレスなセーラー育成に向けて取り組む。 ・セーリング文化を支える事業開発・広報・環境・レディースの各委員会の活性化に取り組む。女性セーラーやスタッフの増加、また昨年度から始まった環境コンテストなどの活動にも取り組んでいく。
・JSAF 組織の基盤を支える財政委員会と総務委員会では、財政健全化および会員の増強に取り組むと同時に、システ再構築や保険制度についても検討していく。
・今年の 8 月にレーザー4.7 級およびスナイプ級マスターズの世界選手権大会が、それぞれ佐賀(唐津)と福岡(小戸)にて開催される。両大会が成功するよう支援していく。

全委員会の事業計画はこちら→平成26年度事業計画(PDF)